こちらは泌尿器科に関するページです。
包茎・ED・性病等についての記載があり、男性器の症例画像も掲載されています。ご了承の上、ご覧ください。

手術後の注意

包茎手術が終り、ホッとされたと思います。さて、この「包茎手術後の注意」には、自宅での処置やトラブルが起こった場合の対処の仕方などがまとめてあります。
医学的な知識がなくても、ご自宅で3回くらい読み返していただければ十分に理解できる内容です。包茎手術のより完全な仕上がりを目指して、がんばりましょう。

手術後の管理

08年から、他の外科領域の手術後管理に準じて、湿潤式管理を導入しました。
消毒液を一切使用せず、シャワーで傷口を洗浄するのが特徴です。
手術後3日目からシャワーが可能、8日目以降抜糸が可能、2週間でオナニー・セックスが可能になります。従来の乾燥式管理と比べると、傷のなおりがはやく、手術後の日常生活の負担も軽くなっています。これで暑い夏でも手術OK、仕事で大量の汗をかく人も不都合なく手術が受けられます。

  乾燥式 湿潤式
消毒液 使用する 使用しない
抗生物質 予防的に使用する 感染時以外使用しない
シャワー 手術後8日目から 手術後3日目から
抜糸 手術後12~14日目 手術後8~10日目
オナニー・セックスの再開 手術後21日目 手術後14日目

手術後のスケジュール

手術当日 外側・内側の包帯はしたままです。痛み・出血は少しなら心配ありません。手術後2日間は、タオルで体をふきましょう。3日目からは、包帯をしたままシャワーを浴びることができます。
1日目 一番外側の包帯だけをはずしますが、内側の包帯はしたままです。ペニスのはれや注射部位の変色がおこってきますが、心配ありません。
2日目 包帯はしたままです。この時点で、特に異常がなければ一安心です(^^)
3日目 夕方、お風呂で包帯をしたままシャワーを浴びましょう♪頭や体を洗ったら、包帯をゆっくりと全部はずします。シャワーのお湯で、手術の糸の付近を中心に30秒間くらい軽く洗浄してください。洗浄が終わったら、ペニスをタオルでそっとふいて、新しい包帯を3~4回まけば終了です(^^)
4〜7日目 夕方、お風呂で包帯をしたままシャワーを浴びましょう♪頭や体を洗ったら、包帯をそっとはずします。シャワーのお湯で、ペニスを30秒間くらい軽く洗浄してください。手術のきずは、問題がなければ1週間でつきますから、手術後7日目までの処置は、特にていねいに行うことが大切です。 抜糸する前に、手術の糸が自然にとれてきますが心配ありません。はれや注射部位の変色(紫色~黒色)も徐々に引いてきます。
8〜10日目 ペニスを洗浄したら、8日目からは包帯を巻かずにペニスを露出させて下さい。経過順調なら、8日目から抜糸が可能になります。遠方の患者さんで再診が難しい場合は、自分で抜糸することも可能です。抜糸が終われば、湯船につかって入浴可能です。 時々勃起させて、ペニスのリハビリにつとめます。
12〜14日目 お疲れさまでした。オナニー・セックスが可能になります(^^)

手術後の生活ポイント

手術当日 安静をこころがけてください。
排尿 包茎の手術後は、包皮が急になくなるため、排尿のさいに尿が飛び散ることがあります。しかし、1週間前後でまっすぐ飛ぶようになりますので心配ありません。手術後1週間は、便器に座って排尿することをお勧めします。
入浴 手術後2日間は、タオルで体をふきましょう。3日目からは、包帯をしたままシャワーを浴びることができます。
下着 下着は手術後1週間はペニスが固定しやすいブリーフが望ましいと思います。仕事中に汗が出やすい場合はブリーフを2~3枚持って行き、仕事の合間にトイレでブリーフを交換してください。手術後8日目からはブリーフでもトランクスでもかまいません。
飲酒 手術当日は、お酒を飲まないで下さい。手術後3日目からは、自由です。
喫煙 手術当日は、タバコの本数を減らして下さい。手術後1日目からは、自由です。
性交 オナニーやセックスは、抜糸が終り許可がでるまでは禁止です。アダルトビデオや男性誌などで、ペニスを勃起させるのはやめてください。「朝立ち」などの場合も、ほかのことを考えて気分をそらせてください。

自宅での処理

手術後には、飲み薬(鎮痛剤)と塗り薬(抗生物質)の2種類がでます。
鎮静剤 痛みが強く、がまんできない時だけ使用します。鎮痛剤を、1回1錠、水といっしょに飲んでください。3~4時間たてば、さらに追加して飲むことができます。
包帯 シャワー洗浄が終わったら、包帯を3~4回手術の糸がかかっている亀頭の直下を中心に巻いてください。前の包帯をはずす時に、かさぶたでくっついているような場合は、一枚一枚慎重に、はがすように包帯をとってください。

包茎手術後の経過確認

包茎手術後は、メールのやりとりで、手術後の経過確認を行っています。わからないことや、不安なことがあれば、遠慮なくメールをお送りください。
デジカメをお持ちの場合は、手術後の写真を自宅で撮影して、メールに画像情報として添付していただきますと、経過確認に大変役立ちます。

手術後のご質問や不安には、院長が直接メールでお答えします♪
miyakawa@na.rim.or.jp

手術後の生活ポイント

日程 傷の洗浄 包帯
(内側)
包帯
(外側)
排尿 入浴 安静度 オナニー・
セックスの再開
手術日 しない する する 便器に座って排尿 できればしない 絶対安静 抜糸まで出来るだけ勃起させない
1日目 しない する 外す 便器に座って排尿 タオルで体をふく 要注意 抜糸まで出来るだけ勃起させない
2日目 しない する なし 便器に座って排尿 タオルで体をふく 普通に生活可能 抜糸まで出来るだけ勃起させない
3日目 洗浄する 外して交換 なし 便器に座って排尿 シャワーを浴びる 普通に生活可能 抜糸まで出来るだけ勃起させない
4〜7日目 洗浄する 外して交換 なし 便器に座って排尿 シャワーを浴びる 普通に生活可能 抜糸まで出来るだけ勃起させない
8〜10日目 洗浄する 抜糸 抜糸 立ったまま排尿可能 湯船につかって入浴できます ジョギング・エアロビなど軽い運動が可能です 時々勃起させます
12〜14日目 洗浄する 抜糸後、針穴は2~3日でふさがります 抜糸後、針穴は2~3日でふさがります 普通に排尿できます 普通に入浴できます 水泳・ラグビーなど激しい運動も可能です オナニーを再開できます
2~3回練習したらセックスに進んでください
  • 手術当日は、絶対安静です。手術が終わったらまっすぐ帰宅して安静にしてください。
  • 手術後2日目までが大変ですが、3日目に入るとシャワーが可能で、かなり楽になります。
  • 8~10日目に抜糸が終わると、湯船につかって入浴できます♪
    お疲れ様でしたm(_ _)m。疲れと体の垢を落としてください。

手術のQ&A

  1. 包茎手術で、大きなトラブルになることは? 基本的に心配ありません。
    外科手術なので、ある程度のリスクは覚悟しなければなりません。ただし、手術後に出血したり(血腫)や、傷口が開くことはまれ(1%以下)です。もちろん、こうした場合でも、最後まで責任を持って対応します。トラブルが発生した場合は、すべて当院の責任で、血腫除去や再縫合は、もちろん無料で行います。
  2. 手術時間は? 麻酔と手術、合計で約1時間です。
    ペニスの形や大きさなどで違いますが、麻酔と手術、合計で約1時間です。手術中は、希望者には目隠しをします。また、手術室は音楽が流れていますので、クラシックなどでリラックスできるように工夫しました。局所麻酔は個人差で効きにくい患者さんもありますが、痛みを感じた場合は、麻酔を追加しますので遠慮なくお申し出ください。手術中に同じ姿勢で腰が疲れた場合なども、いったん手術を中断して体をリラックスしていただきますので、遠慮なくお申し出ください。
  3. 麻酔や痛みは? 麻酔は、5~6時間効果が持続する長時間作用型の薬を使っています。
    当院では、手術後も5~6時間効果が持続する長時間作用型の薬を使用しています。したがって、遠方の患者さんでも帰宅するまで痛みを感じることは、ほとんどありません。麻酔が切れた後も、鎮痛剤が処方してありますので、痛みは十分コントロール可能です。また、手術後に鎮痛剤を内服する患者さんは約20%です。多くの患者さんは我慢できる範囲内の軽い痛みで済んでいます。
  4. 自動車の運転は? 自動車で来院可能です。手術後も、自分で運転して帰宅できます。
    手術は局所麻酔で、食事や飲水の制限は一切ありません。電車のほか、自動車で来院することも可能です。手術後も、安全運転を心がければ、自分で運転して帰宅できます。
  5. 手術後の知覚過敏は? 手術後2~4週間で、徐々に軽快します。
    知覚過敏は、特に真性包茎の患者さんで強く出る傾向があります。下着とペニスがこすれると、思わず腰が引ける状態です。ただし、最もつらいのは手術の翌日で、以後は日に日に改善していきますので、しばらくの辛抱をお願いしますm(_ _)m。
  6. 包帯交換や洗浄は? 手術の前に、実際にご指導します。
    手術後にご自宅で洗浄や包帯交換ができるように、手術の前に実際の方法をご指導します。うまくできない場合は、通院して洗浄・包帯交換をすべて院長にやってもらうことも可能です(もちろん、毎回すべて無料です)。
  7. 抜糸は? 手術後8~10日目で可能。抜糸は、5~10分で終了です。
    手術後8~10日目が抜糸の目安です。最短で、手術後8日目から抜糸可能です。都合で受診できない場合は、2~3週間後に抜糸する事もできます。また、遠方で抜糸に来院できない患者さんには、自己抜糸できるよう手術の際に、ご指導させていただきます。
  8. 術後のオナニー、セックスは? 手術後約2週間で可能になります。
    抜糸まではできるだけ勃起を控えますが、抜糸後はペニスのリハビリです。毎日入浴時などに積極的に勃起させ、ペニスの機能回復に努めましょう。手術する前と後では、ペニスの形ががらりと変わるので最初は違和感を感じるかもしれませんが、次第に慣れてきて自分のペニスになって行きます。万一勃起はできるが射精ができないという場合でも、リラックスして練習を繰り返すうちに、無事に再開通しますのでどうぞご安心ください(^^)。オナニーが成功して、2~3回練習したらセックスに進んでください。
  9. 根部切開は? 条件次第で可能です。
    亀頭直下ではなく、根部切開(ペニスの根元で余分な包皮を切除する)も行っています。根部切開の適応は下記になります。

    • ペニスの包皮小帯に強いこだわりがあって、完全に残したい。
    • 亀頭を露出した時の見栄えが良い。
    • 陰毛が濃く、傷がかくれやすい。
    • やせていてペニスの根元に包帯が巻きやすい
    ただし、次の条件の場合は、亀頭直下埋没式をお勧めします。

    • 真性包茎
    • 包皮輪の狭いタイプの仮性包茎
    • 環状切開の修正手術
    • 太っていてペニスの根元に包帯を巻くのが難しい
    詳細は、根部切開術のページをご覧ください。

手術料金は?

麻酔・手術および手術後の処置もすべて含めた一括料金です。自由診療であるため、保険がききません。

亀頭直下埋没式包茎手術

12万8,000円(内税)

ナイロン糸を用いるもの(結節縫合)

自己抜糸について

特殊なナイロン糸を用いていますから、手術後2週間で半分くらいの糸は自然に脱落します。
手術後7~10日目で抜糸しますが、自己抜糸も可能です。
遠方で、再診が困難な患者さんには、手術の際に自己抜糸の方法をご指導しますので、遠慮なくお申し出ください。

自己抜糸なら、1回の受診で治療を終わらせることも可能です。

手術の受付

包茎手術は、随時受け付けています。手術する決心がつきましたら

  • お名前
  • 簡単なご住所(◎◎県○○市など)
  • 電話番号(携帯でも可)
  • ご希望の手術日(できれば複数、おりかえし確定した手術日をお知らせします)

をお知らせください。
miyakawa@na.rim.or.jp