こちらは泌尿器科に関するページです。
包茎・ED・性病等についての記載があり、男性器の症例画像も掲載されています。ご了承の上、ご覧ください。

【重要なお知らせ】

【レビトラ供給遅延のお詫びとドイツ製レビトラ輸入】

製薬会社の都合(ドイツ工場の生産遅延)により、今年からレビトラ20mg&10mgの供給遅延が起きています。今まで、当院の在庫で処方依頼にお応えしてまいりましたが、2018年3月に当院の在庫もなくなり処方できなくなりました。レビトラ20mg&10mgを愛用されている男性には、製薬会社に代わり心よりお詫び申し上げますm(_ _)m。
供給再開までの間、当院では、他のED治療薬(バイアグラやシアリス、そのジェネリック薬品など)への切り替えをお勧めしてきましたが、やはりレビトラがいい!という多くの患者さんからの熱い処方希望にお応えするため、2018年9月からドイツ製レビトラ20mgの輸入を始めました。よろしくご検討ください。
ドイツ製レビトラ20mgは、トルコ向けにドイツから輸出されたものを日本に輸入しています。従来の日本国内で流通していたレビトラ20mgと製薬会社・成分・使用方法はすべて同じです。

バイアグラ、レビトラ、シアリス

ED治療で、健康寿命を延ばしましょう

年月 診療の歴史 意義
2018年9月 ドイツ製レビトラ20mgの輸入を開始 世界標準のED治療を目指して
アバナ100mgの輸入を開始
2018年1月 キッセイのシルデナフィル(バイアグラのジェネリック)を
1錠=700円に値下げ
ジェネリック時代の幕開け
低価格への挑戦
2015年5月 3種類のシルデナフィル(バイアグラのジェネリック)を
1錠=600円に値下げ
2015年3月 6種類のシルデナフィル(バイアグラのジェネリック)を
1錠=900円に値下げ
2014年5月 シルデナフィル(バイアグラのジェネリック)と
ザルテイア(シアリスと同じ成分)が発売
ザルティア・5mg、1錠=300円
2014年3月 初診料を2,000円に値下げ
再診料も2,000円
2007年 シアリス発売開始 多剤選択の時代
2004年 レビトラ発売開始
1999年 バイアグラ発売開始 ED治療に革命を起こす

ドイツ製レビトラ20mg

ドイツ製レビトラ20mg

ドイツ製レビトラ20mg・表

ドイツ製レビトラ20mg

ドイツ製レビトラ20mg・裏

ドイツ製レビトラ20mg

モニターから1mくらい目を離すとバイエルの社章(TM)が浮かび上がります♪お試しください☆

ドイツ製レビトラ20mg

お薬の外箱にも角度を変えて光を当てると何と!レビトラの文字が浮かび上がって来ます。
さすがはドイツ製ですね~d(^0^)b

ドイツ製レビトラ20mgは、トルコ向けにドイツから輸出されたものを日本に輸入しています。従来の日本国内で流通していたレビトラ20mgと製薬会社・成分・使用方法はすべて同じです。包装・使用説明書は、トルコ語で書かれています。裏面Son.kull.taは使用期限の事で、2020年12月まで有効と記載されています。お薬のシートの表面には、バイエルの社章(TM)が印刷されており、外箱にはレビトラの文字が浮かび上がるようになっています。実際に院長が自分で試したところ、効果あり!体のほてりなど副作用も日本製のレビトラと同じでした☆

【重要】ドイツ製レビトラ20mgは、輸入を仲介した貿易会社に、院長が直接出向いて確認・交渉し、お薬の流通過程に問題なしと判断したものです。当院で輸入し院長が処方したお薬には、院長が責任を持ちます。ご不明な点やお気づきの点などありましたら、遠慮なく電子メールでお知らせください。

新料金表

※全て内税となります

初診料(対面診療) 2,000円に値下げ
再診料(対面診療) 2,000円
使用薬品 製薬会社 お試し使用量 通常使用量 多目の使用量
バイアグラ
バイアグラ
ファイザー社 25mg
1,100円
50mg
1,200円
100mg
取扱なし※1
シルデナフィル※2 アルフレッサファーマ 取扱なし 600円 取扱なし
本草薬品
東和薬品
テバ 700円
キッセイ 900円
陽進堂
アバナ※3
アバナ
サンライズレメデイーズ
(インド製)
50mg
取扱いなし
100mg
900円
200mg
取扱いなし
レビトラ
ドイツ製レビトラ
バイエル薬品 5mg
1,100円
10mg
1,200円
20mg
1,500円
ドイツ製レビトラ
ドイツ製レビトラ
取扱なし 20mg
1,500円※4
シアリス
シアリス
日本新薬 5mg
1,100円
10mg
1,200円
20mg
1,500円
ザルディア※5
ザルディア
5mg
300円
取扱なし

ご注意

  1. 日本ではバイアグラの100mgは、発売されていません。
  2. シルデナフィルは、バイアグラのジェネリック医薬品です。日本でもついに発売されました!
    バイアグラ50mg錠=1,200円→シルデナフィル50mg錠=600円まで値下げできました♪
    ただし、本当にバイアグラと同じ効果があるかどうかは、実際に使ってみないと分かりません。
    アフルレッサファーマ・本草・東和・テバ・キッセイ・陽進堂の6種類を扱っていますので、お試しください。
  3. アバナは、ステンドラのジェネリック医薬品です。インド製で、日本では未承認薬です。インドのサンライズレメデイーズという会社が作りました。先発薬は、ステンドラ(アメリカのVIVUS社)で2012年に発売されました。
    薬の作用機序は、バイアグラやレビトラと同じで、効果の現れる時間や持続時間は、バイアグラとレビトラの中間といったところです。
  4. ドイツ製レビトラ20mgはトルコ向けにドイツから輸出されたものを日本に輸入しています。
    従来の日本国内で流通していたレビトラ20mgと製薬会社・成分・使用方法はすべて同じです。
  5. ザルティアは、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬で保険適応があります。 シアリスと全く同じ成分で、同じ製薬会社が作っています♪
    当院では、保険証のない男性・病気のない男性には、「自費」で処方することにしました。
    5mgの錠剤で、10mgは2錠、20mgは4錠を一度に使用してください。
    シアリス10mg=1,200円→ザルティア5mg2錠=600円で、半額になります♪
    ピルカッターで半分に切る手間がなくなり、1回に3錠15mgといった使用もできます。

お薬の使い方は?

バイアグラ(=シルデナフィル)

バイアグラ(=シルデナフィル)は、セックスの約1時間前に内服してください。バイアグラは、性欲を高める薬ではないので、このあと性的刺激を受けないと勃起はおこりません。
初めてバイアグラを使用する場合は、25mgの錠剤から試してみてください。バイアグラは、1日1回まで24時間以上あけて使用します。25mg1錠で効果がないからといって、薬を勝手に追加してのんではいけません。25mg1錠で何回か試してみて、副作用がなく安全と判断されたら、いよいよ25mgを2錠一度に内服して、効果と副作用を試してみます。日本人では、多くの患者さんが50mgで効果があり、副作用も少ないことが確認されています。
50mgに増量して、効果と安全性が確認されれば、次回からは50mg1錠をセックスの約1時間前に内服します。この場合も、バイアグラは、1日1回まで24時間以上あけて使用します。
50mgで効果がない場合は、100mgまで増量することが可能ですが、この場合は、担当医とよく相談することが大切です。

アバナ

アバナの使い方は、バイアグラやレビトラと同じです。効果の現れる時間や持続時間は、バイアグラとレビトラの中間といったところです。アバナの100mgは、バイアグラの50mg、レビトラの10mgに相当します。お薬の効果や副作用については個人差もあり一概に言えませんが、バイアグラやレビトラの効果に不満だったり、副作用に困っている患者さんは、一度アバナを試してみるのも良いでしょう。

レビトラ

レビトラも使い方は、バイアグラと同じです。レビトラの5mgは、バイアグラの25mgに相当します。同じく、レビトラの10mgは、バイアグラの50mgとほぼ同じです。
両者の効果や副作用については個人差もあり一概に言えませんが、バイアグラの効果に不満だったり、副作用に困っている患者さんは、一度レビトラを試してみるのも良いでしょう。
なお、レビトラの10mgでも満足いく結果が出ない場合は、レビトラの20mgにチェレンジしてみるのも解決方法のひとつです。レビトラの20mgは、バイアグラの100mgとほぼ同じです。

シアリス(=ザルティア)

シアリス(=ザルティア)は、効果の持続時間が36時間と非常に長いのが最大の特徴です。たとえば、週末にご夫婦で温泉へ一泊旅行の際は、自宅で前もって薬をのんでから出かければ、旅行中はいつでも安心してセックスが楽しめますね♪
最初は、5mgから試してみて、10mg、これで効果がなければ次は20mgとステップアップするのがお勧めです。

同じお薬でも、有効成分の量で効果が違います。お薬の使用量を間違えないようにしましょう。

どの薬を選ぶか?

ED治療は、多剤選択からジェネリックの時代に

ED治療薬が4種類あると、自分がどの薬を選んでよいか迷う患者さんも少なくないと思います。そこで、4種類の薬を比較してみました。
薬の名前をクリックすると、それぞれの製薬会社のホームページにジャンプします。
薬代を節約したい場合は、シルデナフィル・50mgやザルティア・5mgをご検討ください。

薬品名 世界での
発売開始
日本での
発売開始
製薬会社 製剤
(太字は標準)
作用時間 有効率 併用禁忌薬 副作用
バイアグラ
バイアグラ
1998年 1999年
3月
ファイザー 25mg
50mg
30分で効果
4時間持続
約80% ニトロ製剤 頭痛、ほてり
胃腸障害
シルデナフィル 2014年5月 アルフレッサ
ファーマ
など6社
50mg 30分で効果
4時間持続
アバナ
アバナ
2012年 日本では
未承認
サンライズ
レメデイーズ
(インド製)
50mg
100mg
200mg
15〜30分で効果
5時間持続
他薬と同等 頭痛、ほてり
鼻水
レビトラ
ドイツ製レビトラ
2003年 2004年6月 バイエル 5mg
10mg
20mg
15分以内に効果
8時間持続
85%、糖尿病や
前立腺手術後
にも有効
ドイツ製レビトラ
ドイツ製レビトラ
レビトラ供給遅延に対応し2018年9月からドイツ製レビトラの輸入開始 20mg トルコ向けにドイツから輸出されたものを輸入。従来のレビトラ20㎎と製薬会社・成分・使用方法は全て同一。
シアリス
シアリス
2003年 2007年9月 日本新薬 5mg
10mg
20mg
30分以内に効果
36時間持続
他薬と同様 ニトロ製剤 頭痛、胃腸障害
背部・筋肉痛
ザルディア※4
ザルディア
2014年5月 5mg

※2007年7月にレビトラとαブロッカーの併用禁忌はなくなりました。シアリスもαブロッカーの併用禁忌はありません。

EDの治療薬は、バイアグラだけではなくなりました。自分の症状やライフスタイルにあわせて、最も適したお薬を選ぶ時代になったといえます。一つのお薬に固執する必要はありませんが、どのお薬が患者さんにとって有効かは、やはり実際に使ってみないとわかりません。実際の使用に当たって、いくつかポイントをまとめると、次のようになります。

  1. 一度の失敗であきらめないでネ(^ェ^)
    治療薬はバイアグラだけではありません。たとえ最初はぜんぜん効果がないケースでも、あきらめずに7~8回くらい反復使用すると、有効率が50%前後まで改善すると言われています。したがって、一度の失敗ですぐあきらめてしまうのはやめましょう。
  2. 性的な刺激がないと、勃起しません(^ε^)
    ED治療薬は、いずれもPDE 5阻害薬と言われるグループのお薬です。この薬の特徴は、飲んだだけではダメで、性的刺激(セックスパートナーの協力のほか、ビデオや雑誌などの助けをかりて)を受けないと効果が発揮されません。効果がうまく出ない場合は、薬の使用方法に間違いがないかどうか、今一度チェックしてみましょう。
  3. ED治療薬の併用は危険です(^^;)
    複数のED治療薬を組み合わせることで、より効果がでるのではないかと考えるのは当然ですが、実際には併用しても効果があがるどころか、かえって思わぬ副作用を招く結果になりかねません。ED治療薬の併用は危険なのでやめましょう。

副作用(狭心症の男性は要注意)

バイアグラ(シルデナフィル)は、狭心症などで、硝酸薬の治療中の患者さんは絶対に使用してはいけません(血圧が急激に低下して、死亡することがあります)。この他、重い心臓病・脳血管障害などで医師からセックスが不適当と判断された患者さん、低血圧や重い肝臓病の患者さんも、バイアグラは使用できません。その他、網膜色素変性症という眼の病気や、バイアグラにアレルギーのある患者さんも使用できません。さらに、バイアグラを内服すると、気分不快・頭痛・顔面の発赤・視覚障害などの副作用が現れることがあります。また、まれに薬が効き過ぎて、いつまでたっても勃起がおさまらない場合があり、バイアグラ内服後4時間以上勃起が持続する場合は、直ちに泌尿器科の救急病院を受診し、瀉血(しゃけつ)などの処置が必要です。

アバナ、レビトラ、シアリス(ザルティア)も狭心症などで、硝酸薬の治療中の患者さんは絶対に使用してはいけません。

実際の診察

宮川クリニックでは、バイアグラ(=シルデナフィル)、レビトラ、シアリス(=ザルティア)を希望する患者さんには、ファイザー製薬、バイエル社、日本新薬などが作成した患者さん向けのパンフレットをお配りしています。血圧測定・尿検査のあと面接し、必要と判断された場合は、血液・生化学検査や心電図・胸部X線撮影・眼底検査などを行っています。アバナは、今のところ対面処方に限定しており、オンライン処方はしていません。

実際のお薬と1錠当たりの価格(内税)

バイアグラ25mg(ファイザー製薬)
1,100円

バイアグラ50mg(ファイザー製薬)
1,200円

シルデナフィル50mg(アルフレッサファーマ)
バイアグラのジェネリック
600円に値下げ

シルデナフィル50mg(本草薬品)
バイアグラのジェネリック
600円に値下げ

シルデナフィル50mg(東和薬品)
バイアグラのジェネリック
600円に値下げ

シルデナフィル50mg(テバ製薬)
バイアグラのジェネリック
800円に値下げ

シルデナフィル50mg(キッセイ薬品)
バイアグラのジェネリック
700円に値下げ

シルデナフィル50mg(陽進堂)
バイアグラのジェネリック
900円に値下げ

シルデナフィルは、バイアグラのジェネリック医薬品です。日本でもついに発売されました!
50mg錠を、1,200円→900円に値下げします♪
ただし、本当にバイアグラと同じ効果があるかどうかは、実際に使ってみないと分かりません。実際に試して、自分にあったお薬を見つけてください。

アバナ100mg

アバナ100mg(サンライズレメデイーズ)
インド製、日本では未承認
900円

アバナは、ステンドラのジェネリック医薬品です。インド製で、日本では未承認薬です。インドのサンライズレメデイーズという会社が作りました。先発薬は、ステンドラ(アメリカのVIVUS社)で2012年に発売されました。薬の作用機序は、バイアグラやレビトラと同じで、効果の現れる時間や持続時間は、バイアグラとレビトラの中間といったところです。

レビトラ5mg(バイエル社)
2004年6月発売開始
1,100円

レビトラ10mg(バイエル社)
2004年6月発売開始
1,200円

レビトラ20mg(バイエル社)
2007年7月発売開始
1,500円

シアリス5mg(日本新薬)
2007年9月発売開始
1,100円

シアリス10mg(日本新薬)
2007年9月発売開始
1,200円

シアリス20mg(日本新薬)
2007年9月発売開始
1,500円

ザルティア5mg(日本新薬)
2014年5月発売開始
300円

ザルディア5mgは、シアリス5mgと、同じ成分・同じ会社で作られています。前立腺肥大症の排尿症状を改善する薬として保険適応されますので、病気のある患者さんは、医療機関で処方してもらう事が出来ます。
当院では、病気以外のED患者さんに、ザルティア5mgを自費で処方しています。1錠=300円で、4錠=1,200円ですから、シアリス20mgよりも300円安くなりました(-20%値下げ)。ピルカッターで半分にしなくてもすみ、自分の症状に合わせて薬の量の調節が容易にできます。

受診のお勧め

バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ、シアリスはすべて保険適応外ですので、診察も含めて全額自費診療となります。宮川クリニックでは、初回は面接のあと、患者さんのご希望にあわせてバイアグラ、レビトラ、シアリスの処方を行ないます。同時に併用されなければ、複数の薬を同時に処方してもらい、自宅で違う日に薬の効き目を自分で試してみることも可能です。2回目からは、窓口処方(薬だけもらって、そのまま帰宅する)も可能です。

14年3月からED治療薬の初診料(対面診療)を2,000円に値下げしました(^0^)
初診料 = 再診療 = 2,000円です♪

初回

例えばシルデナフィル・50mg・5錠初診で処方される場合

  1. シルデナフィル・50mg・5錠:900×5=4,500円
  2. 初診料:2,000円

合計で、6,500円となります(1錠あたり、1,300円)。

2回目

調子がよくて、2回目にシルデナフィル・50mgを10錠希望される場合

  1. シルデナフィル・50mg・10錠:900×10=9,000円
  2. 再診料:2,000円

合計で、11,000円となります(1錠あたり、1,100円)。

治療薬のオンライン処方(郵送)

バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ、シアリス(ザルティア)が十分に効果があり、特に大きな副作用もなく、健康状態も良好な患者さんには、2回目以降、電子メールのやり取りで、ED治療薬のオンライン処方(郵送)が可能です。

詳しくはED治療薬オンライン・メール処方をご覧ください。

最初はオンライン相談から

自分がバイアグラ、レビトラを使うのに適しているかどうか、院長が無料・ボランティアで相談させていただきます。

詳しくはED治療薬オンライン・メール処方をご覧ください。

アプリで申し込む

2014年6月から、オンライン処方専用のアプリを作りました。アプリから申し込むと、フリーメールよりも速く・正確にオンライン処方を受けることができます♪

オンライン処方

フリーメールで申し込む

  • アプリがうまく操作できない!
  • 診察券番号を忘れてしまった!
  • PW(パスワード)を思い出せない!

そんな場合は、フリーメールから申し込むこともできます(^^)
アプリよりも返事が来るのに少し時間がかかりますので、少々お待ちください。

詳しくはED治療薬オンライン・メール処方をご覧ください。

ピルカッターで薬を半分にする方法

左の青いケースがピルカッターです。
薬を半分にして内服するときに使います。

レビトラ20mgを中央においてください。
上のフタに薬を切る刃物がついています。

フタを閉じて薬を半分にきったところ。
きれいに半分に分かれました。

レビトラ20mgを半分にきるとレビトラ10mgになります♪
薬の断面は白です(^^)

バイアグラ50mgもピルカッターに挑戦してみました。
ブルーダイヤモンド型の薬の運命は…

少し割れましたが、うまくいきました。
バイアグラ50mgは半分で25mgです。
薬の断面は白です(^^)

シアリス20mgもピルカッターに挑戦です。
ソラマメ型の薬ですが、これも成功しました♪

シアリス20mgは半分で10mgです。
薬の断面は白です(^^)

写真のピルカッターは、1個500円でお薬と一緒に処方できます。ご希望の男性は、オンライン処方の際にメールでお知らせください♪

亀頭包皮炎になってしまった時に

セックスの後に、亀頭が赤くはれたり、包皮が切れてしまった場合は、亀頭包皮炎のお薬を処方できますので、遠慮なくお知らせください。詳細は、亀頭包皮炎のページをご覧ください。

LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)

精巣の男性ホルモン分泌が減少すると、更年期症状(のぼせ・ほてり・不眠など)の他にEDが悪化することがあり、LOH 症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)として注目されるようになってきました。
血液検査で男性ホルモンをチェックし、前立腺などに問題がないことを確認の上、男性ホルモン注射を行うと症状が改善することが報告されています。
バイアグラなどED治療薬と併用して良い成績も出ていますので、思い当たる症状がある場合は、遠慮なくご相談ください。なお、ED薬も含めすべて健康保険の適応はありません。

薬品画像 薬品名 製薬会社 注射量
(ml/回)
料金
(1回・内税)
概要
エナルモンデポー250mg
(テストステロンエナント酸エステル)
あすか製薬(日本製) 1 2,200円 症状に合わせて1カ月に1回くらいのペースで筋肉注射を行います。
テストビロン250mg
(テストステロンエナント酸エステル)
German Remedies
(インド製)
2,000円 症状に合わせて1カ月に1回くらいのペースで筋肉注射を行います。
海外から輸入しました。使い方は、エナルモンデポー250mgと同じです。
ネビド1,000mg
(テストステロンウンデカン酸エステル)
バイエル
(ドイツ製)
4 30,000円 長時間作用型の男性ホルモン注射薬です。海外から輸入しました。
1回の注射で約3か月間(12週間)効果が持続します。
料金が高いので、毎月1万円×3か月の分割・銀行振込払いも可能です。
エナルモンデポー125mg
(テストステロンエナント酸エステル)
あすか製薬(日本製) 1 1,600円 症状に合わせて1カ月に1回くらいのペースで筋肉注射を行います。