こちらは泌尿器科に関するページです。
包茎・ED・性病等についての記載があり、男性器の症例画像も掲載されています。ご了承の上、ご覧ください。

性行為感染症(STD)

性病にかかっているかどうか知りたいのですが?

性行為感染症(性病)は、性のネガティブな一面として、昔から若い男女のカップルを悩ましてきました。従来からある梅毒(ばいどく)や淋病(りんびょう)以外に、最近ではクラミジア、ヘルペスが流行していると考えられています。

性病は誰にも相談できずに放置され、症状がどんどん進んでしまう事が少なくありません。

また、性病の種類によっては、セックスをしていなくても、フェラチオやキスだけでも感染する場合があります。

主な性病の潜伏期間をまとめてみました。セックスやフェラチオなどの性行為を介して感染が広がること、一定の潜伏期間が(感染してから発病するまでの無症状の期間)があることが共通です。

思い当たる症状がある場合は、早めに医師の診察を受ける事をお勧めします。

病名 原因病原体 潜伏期間 主な症状
梅毒 梅毒トレポネーマ 3週間 感染部位の無痛性硬結・発疹
淋病 淋菌 2〜5日 ♂尿道排膿、排尿痛・♀帯下
軟性下疳 軟性下疳菌 2〜5日 感染部位の有痛性潰瘍
性病性リンパ肉芽腫 (L1 - L3) 数週間 鼡径部リンパ節腫大
♂クラミジア性尿道炎 クラミジア・トラコマーチス 1〜3週間 ♂尿道排膿、排尿痛
♀クラミジア性子宮頚管炎 ♀帯下、下腹部痛、発熱
性器ヘルペス 単純ヘルペスウイルス(HSV) 1~数週間 感染部位の有痛性小水疱
(痛みの強い水ぶくれ)
尖圭コンジローマ ヒト乳頭種ウイルス(HPV) 1~数ヶ月 感染部位の疣贅性腫瘤(イボ)
カンジタ症 カンジタ・アルビカンス 2〜7日 ♂陰部の掻痒
♀帯下(白色ヨーグルト状)、外陰部の掻痒
トリコモナス症 トリコモナス原虫 1〜数週間 ♀帯下
陰部伝染性軟属腫 伝染性軟属腫ウイルス 1〜数週間 感染部位の小腫瘤
疥癬 疥癬虫 2〜4週間 外陰部の掻痒
毛ジラミ症 毛ジラミ 2〜4週間 外陰部の掻痒
B型肝炎 B型肝炎ウイルス 1〜6ヶ月間 黄疸、全身倦怠感
AIDS エイズウイルス(HIV) 数年〜10年以上 多種

性病の検査

宮川クリニックで、性病の診察・検査を、保険外(全額自費)で希望される場合の料金の目安です(内税)。

診察 初診 5,000円
再診 2,000円
血液検査 梅毒検査 3,300円
B型肝炎 2,200円
エイズ 5,500円
クラミジア 3,300円
ヘルペス 4,000円
尿検査(男性)
膣分泌物検査(女性)
淋病 3,300円
クラミジア 3,300円

血液反応が陽性になるおよその目安は、クラミジアでは感染後1~2週間、梅毒は6週間、エイズは8週間です。性病のスクリーニングテストでは、感染の危険のある日から2週間後に淋菌・クラミジアの検査をおこない、8週間後に梅毒・エイズの検査を行っています。

性病検査のブライダルセット

結婚が決まった場合、大切な一生のパートナーに性病をうつすことがないよう、検査をお勧めしています。
代表的な性病の検査をブライダルセットにしました。
最後の感染する危険のある日から8週間以上たっていれば、一度に検査をすることができます。
検査結果は電子メールでお知らせし、わからないことがあれば電子メールでお答えします。
1回の受診ですみますので、心当たりがあって不安になっている人は、ぜひ一度ご検討ください。

診察 初診 5,000円
血液検査 梅毒検査 3,300円
B型肝炎 2,200円
エイズ 5,500円
クラミジア 3,300円
ヘルペス 4,000円
尿検査(男性)
膣分泌物検査(女性)
淋病 3,300円
クラミジア 3,300円
診察・検査料金の合計 29,900円

※検査結果は、電子メールでお知らせできます。

検査報告書

相手を思いやるこころ

検査結果がわかり性病が見つかると、感染経路をめぐって「犯人さがし」をする患者さんがありますが、感染源として誰が一番可能性が高いかという内容の質問にはお答えできません。
性病は、当事者間でしばしば紛争となりますが、愛しあっていたはずのカップルが憎みあい傷つけあうのを見るのは、非常に残念なことです…。
患者さんには、病気を正しく理解し、冷静に対処されることをお勧めしています。

性病の治療

代表的な治療薬を、まとめてみました

治療薬 治療薬の例 治療のコメント
抗菌剤&抗生物質

ミノマイシン

ミノマイシン
淋病やクラミジアその他の細菌感染症に使用します。
薬剤耐性(たいせい)淋菌に注意!
2000年春ごろから薬剤耐性(たいせい)淋菌が出現し、従来の薬が全く効果がないケースが多くなりました。
薬を忘れずにのんでいるのに、少しも良くなってこない場合は、耐性菌が強く疑われますので、どの薬を使うか、担当の医師とよく相談する必要があります。
なお、さいわいクラミジアでは今のところこうしたケースは、ほとんどありません。
ジスロマック
抗ウイルス剤

ビルヘキサル

ビルヘキサル
性器・口唇のヘルペス症に使用します。
成人の性器ヘルペスで、時々再発する場合は、いざという時に備えてお手元にお薬を常備されることをお勧めします(予防処方)。
1年に何回も再発するような場合は、バルトレックスを使って予防する方法もあります。

ビルヘキサルクリーム

ビルヘキサルクリーム

バルトレックス

バルトレックス
べセルナクリーム 尖圭コンジロームのイボに塗るお薬です。
抗真菌剤

ビスコポールクリーム(龍角散)

ビスコポールクリーム
(龍角散)
カンジタ膣炎や股部白癬(いんきんたむし)に使用します。

エルシド膣錠(富士製薬)

エルシド膣錠
(富士製薬)

薬は、医師の指導のもとに、飲み方や副作用を十分に理解して使用することが大切です。
薬にアレルギー反応(薬疹など)を起こしたことのある人や、妊娠している可能性がある場合などは、特に慎重に薬を選ぶ必要があります。

性病の予防

A型肝炎(従来は性病と考えられていませんでした)とB型肝炎は、ワクチンを接種すると、かなりのケースで予防可能です。

  • A型肝炎ウイルスは便中に存在します。相手の肛門を触ったりなめたりする事で、肛門→口の感染が成立すると発病する恐れがあります。
  • B型肝炎ウイルスは血液中に存在します。セックスや輸血・注射で感染することが知られています。

A型肝炎・B型肝炎ワクチンは、マラリアやコレラなどと同じく東南アジアやアフリカなどの流行地域に海外旅行や長期滞在を予定している人にも勧めします。

ワクチンの種類 接種方法と効果 料金
A型肝炎ワクチン 合計3回(初回、2~4週間後に2回目、1~2年後に3回目)
効果は約10年間持続します。16歳以上の人が対象となります。
1回あたり
8,400円(内税)
B型肝炎ワクチン 合計3回(初回、4週間後に2回目、6ヵ月後に3回目)
効果は約5年間持続します。
ただし、5%くらいの人には残念ですが抗体が出来ず効果がありません。
HPVワクチン おかげさまで日本でも認可されました。2010年から接種を開始します。
合計3回です。3回接種しないと効果がありません。
サーバリックス(初回、1ヶ月後に2回目、6ヶ月後に3回目)
ガーダシル(初回、2か月後に2回目、6か月後に3回目)
効果は、現時点(09年12月)で最長6.4年(平均5.9年)持続します。
ただし、子宮頚がんの発病を予防するに必要な抗体の量は現時点では明らかになっていません。
子宮頚がんを予防するには、将来追加接種が必要になる可能性もあります。
10歳以上の女性が対象となります。
1回あたり
サーバリックス 14,000円(内税)
ガーダシル 15,000円(内税)

A型肝炎ワクチン・B型肝炎ワクチン・HPVワクチンは完全予約制です。
ワクチン接種を希望されるかたは、ワクチンを製薬会社から特別にお取り寄せします。

下記の項目を miyakawa@na.rim.or.jp までお送り下さい。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. 接種希望日(できれば複数日)

なお、ワクチンは返品が効きませんので、キャンセルされるとキャンセル料金が発生します