【重要なお知らせ】

ファボワール供給再開とオランダ製マーベロン輸入

製薬会社の都合(長期安定試験での不具合で予防的自主回収)により、2018年5月末からファボワールの供給が停止されていましたが、ようやく7月末からピルの使用期限をおよそ1年間に限定して供給が再開されることになりました。
今後の安定供給を万全なものとするため、当院ではファボワールと同じ成分のオランダ製マーベロンを緊急輸入してピルの処方を行うことにしました。オランダ製マーベロンは、タイ向けにオランダから輸出されたものをシンガポール経由で日本に輸入しています。従来の日本向けに輸出されたマーベロンと製薬会社・成分・使用方法はすべて同じです。

シンフェーズ供給遅延のお詫び

製薬会社の都合(2017年9月のメキシコ地震で工場が被災したため)により、昨年からシンフェーズの供給遅延が起きています。
今まで、当院の在庫で処方依頼にお応えしてまいりましたが、今月(2018年3月)に当院の在庫もなくなり処方できなくなりました。
シンフェーズを愛用されている女性には、製薬会社に代わり心よりお詫び申し上げますm(_ _)m
供給再開は5月頃の予定ですが、継続使用を希望される女性は、他の低用量ピル(アンジュ28やファボワール28など)への切り替えをお勧めします。
ご迷惑をおかけしますが、何とぞ宜しくご理解・ご検討いただけますようお願い申し上げます。

オーソM21とオーソ777・21の販売終了のお知らせ

オーソM21とオーソ777・21は、製薬会社の都合により2017年1月頃に販売を中止することになりました。
当院でも、お薬の在庫がなくなりましたので取り扱いを終了しました。長い間ご愛用いただきました女性の皆様には、製薬会社に代わりまして心より御礼申し上げますm(_ _)m
今後は、他の低用量ピルへの切り替えをご検討いただければ幸いです。

オランダ製マーベロン

オランダ製マーベロン21・表

オランダ製マーベロン21・表

オランダ製マーベロン21・裏

オランダ製マーベロン21・裏

相性なのでどこから始めても同じです。
裏面を見ると日本向けのマーベロンと同じく始めた曜日から順番に内服出来るように英語でSUN→MON→TUE→・・・と印字されています。
Mfg date=製造年月日で2017年6月23日製造、Exp date=消費期限で2020年6月までと明確に記載されおり、Made in Holland=オランダ製です。
成分名も、Desogestorel 0.15mg Ethinylestradiol 0.03mgと記載されています。
日本向けのマーベロン21のシートには、こうした詳細な記載はありません。

オランダ製マーベロン28・表

オランダ製マーベロン28・表

オランダ製マーベロン28・裏

オランダ製マーベロン28・裏

Made in Holland=オランダ製の印字は表面にあります。
1相性で上3列はホルモン錠(実薬)、下1列は偽薬です。大きさの違いだけなので、少し分かりずらいかもしれません。ただし、裏面を見ると日本向けのマーベロンと同じく飲む順番が矢印(→)で印字されています。
Mfg date=製造年月日の記載はありませんが、Exp date=消費期限で2020年3月までと記載されおり、成分名も、Desogestorel 0.15mg Ethinylestradiol 0.03mgと記載されています。
日本向けのマーベロン28のシートには、こうした詳細な記載はありません。

【重要】オランダ製マーベロンは、輸入を仲介した貿易会社に、院長が直接出向いて確認・交渉し、お薬の流通過程に問題なしと判断したものです。
当院で輸入し院長が処方したお薬には、院長が責任を持ちます。ご不明な点やお気づきの点などありましたら、遠慮なく電子メールでお知らせください。

新料金表

アンジュ21 あすか製薬 2,000円
(内税)
トリキュラー21 2,500円
アンジュ28 トリキュラー28
ラベルフィーユ21 富士製薬 シンフェーズT28
(現在処方できません)
ラベルフィーユ28
ファボワール21
(使用期限約1年)
マーベロン21
ファボワール28
(使用期限約1年)
オランダ製マーベロン21
(緊急輸入)
MSD 1,800円
(内税)
マーベロン28
オランダ製マーベロン28
(緊急輸入)

最近のピルの話題

ピルはとても安全なお薬ですから、ピルを飲んでいるから何か病気になるのではないか?・・・と心配する必要はありません(^^)。 最近の研究で、乳がんとピルはほとんど無関係であることが分かっており、子宮体がんや卵巣がんはピルを飲んでいるとむしろ減少することが分かっているからです(^0^)b。
子宮頚がんはHPV感染の合併症であることが分かり、ピルとは最初から別物です。最近というHPVワクチンがTVなどでも宣伝されていますが、当院でもサーバリックス、ガーダシルを1回=14,000~15,000円(内税)で接種を始めています。
血栓症は、妊娠・産褥中よりも、ピルを飲んでいる時のほうが低頻度で、血栓症になりやすい白人とは違い、日本人ではピルを飲んでいてもいなくても血栓症の頻度はほとんど変わらないのではないか?といわれるようになってきました。
2006年に日本産婦人科学会のピル使用に関するガイドラインが改定されるまでは、検査を非常に細かく言っていましたが、今は血圧測定と簡単な問診で処方OKです。
以前は子宮筋腫の患者さんにはピルを処方してはいけないとされていたのが、ガイドラインの改定後は逆に貧血の改善を目的に子宮筋腫の患者さんに低用量ピルを処方するようになってきています。
以上から、定期検診はお勧めしますが、ピルを飲んでいるからと不安になる必要は一切ありません。
フランス(成人女性のピルの普及率が50%以上)では、最近30年で、女性の地位向上に最も貢献したもの・出来事としてピルの普及が挙げられているそうです(^^)。さすがは、ピル先進国ですね~♪ 日本では、成人女性のピル普及率はまだ3%ですが、今後10年で、30%くらいに上昇すると予想する人もいます。

低用量ピルの使用方法

低用量ピルは、女性のライフスタイルにあわせて二つののみ方が可能です。

低用量ピルの導入には、次の二つの方法があります。生理が始まった日を第1日として、生理の1日目からのみ始める方法(Day1スタート)と、生理になって初めての日曜日からのみ始める方法(サンデースタート)です。
サンデースタートは、生理が週末と重ならないメリットがありますが、薬をのみ始めた最初の1週間は他の避妊方法を併用する必要があります。Day1スタートでは、導入時でも他の避妊方法を併用する必要はありません。

最初の導入が成功すると、以後は3週間のホルモン剤使用、1週間の休憩の繰り返しです(4週間で1周期)。従来型の中用量ピルでは、生理になるたびに生理の5日目から再スタートしていましたが、低用量ピルでは生理の有無にかかわらず4週間を1周期として再スタートします。低用量ピルのDay1スタートでは、生理の1日目に薬をのむのは一番最初の時だけです。

Day1スタート

Day1スタート

初めて低用量ピルをのむ時は、スタートする薬と飲む順番を間違えないようにします。

サンデースタート

サンデースタート

シンフェーズT28以外の他の低用量ピルでもサンデースタートが可能です。

低用量ピルは、のみわすれを防ぐために二つのタイプがあります。

休薬期間を7日間おく21錠タイプと、休薬期間がなくのみ忘れの少ない28錠タイプがありますが、どの薬も毎日できるだけ一定の時刻に内服してください。

ピルをのみ忘れた場合は、次の日に気が付いた時点ですぐに前日の薬を1錠のみ、当日の薬は予定通りの時刻に1錠のんでください。3日以上のみ忘れた場合、低用量ピルは一旦中止して他の避妊法をお願いします。お薬を中止して、約1ヵ月後に次の生理が来たら、新しい低用量ピルのシートを再開してください。

21錠タイプ

21錠タイプ

21錠タイプでは、薬を全部飲み終わると7日間の休薬期間をおきます。休薬期間が終わったら次の新しいシートを開始してください。

28錠タイプ

28錠タイプ

28錠タイプでは、最後の7錠は偽薬で薬としての効果はありません。28錠全部飲んだら翌日から次の新しいシートを開始してください。21錠タイプ+偽薬(7錠)=28錠タイプですね♪

副作用

低用量ピルも中用量ピルと同じく副作用で内服直後に吐き気・めまい・頭痛などが起こる場合がありますので、夕方から寝る前の内服をお勧めしています。
数ヶ月の間に体重が1~2kg増える場合があり、食事はオーバーカロリーにならないように注意してください。
ピルを半年、1年と長期に使用する場合は、約6ヶ月に一度、血液で貧血・肝臓機能検査を受け、約1年に1回は婦人科で子宮がん・乳がん検査などのチェックを受ける事が望ましいとされています。
ピルを飲む場合は、喫煙はひかえるか、禁煙することを勧めています。

意外と簡単、トリキュラー28の使い方

トリキュラーはシェアNo.1

トリキュラーは、日本で一番よく使われているピルです(^0^)。
低用量ピルを使用している日本人女性の40%以上から支持されています♪

トリキュラー28の使い方

日本で一番よく使われている低用量ピルのトリキュラー28です。ハードケースが、紙のパッケージにかわりました。

トリキュラー28の使い方

紙のパッケージを開けると、お薬が出てきます。なお、最新のパッケージの裏には、薬の使い方が印刷されていません。

トリキュラー28の使い方

添付されている「曜日シール」を貼ります。飲み始めるのが水曜日の場合は、水曜日から始まるシールをはがして、シートの上に貼ります。

トリキュラー28の使い方

これで、準備完了♪

低用量ピルの種類

全ての低用量ピルには、詳しい使用説明書がついてきます。

低用量ピルの種類

トリキュラー21・3相性(バイエル社)

1シート=2,500円(内税)

低用量ピルの種類

トリキュラー28・3相性(バイエル社)

1シート=2,500円(内税)

低用量ピルの種類

アンジュ21・3相性(あすか製薬)

1シート=2,000円(内税)に値下げ♪

低用量ピルの種類

アンジュ28・3相性(あすか製薬)

1シート=2,000円(内税)に値下げ♪

低用量ピルの種類

トラベルフィーユ21・3相性(富士製薬)

1シート=2,000円(内税)に値下げ♪

低用量ピルの種類

ラベルフィーユ28・3相性(富士製薬)

1シート=2,000円(内税)に値下げ♪

低用量ピルの種類

シンフェーズT・28・3相性(科研製薬)

1シート=2,500円(内税)

低用量ピルの種類

マーベロン21・1相性(MSD)

1シート=2,500円(内税)

低用量ピルの種類

マーベロン28・1相性(MSD)

1シート=2,500円(内税)

低用量ピルの種類

ファボワール21・1相性(富士製薬)

1シート=2,000円(内税)に値下げ♪

低用量ピルの種類

ファボワール28・1相性(富士製薬)

1シート=2,000円(内税)に値下げ♪

低用量ピルの選び方

日本では99年9月に低用量ピルの発売が開始されました。日本で発売された低用量ピルは、含まれているホルモン剤の成分から、3つのグループに分かれます。宮川クリニックでは、日本で認可されているすべての低用量ピル(現在11種類の)が処方できます。

グループ 薬品名 21錠タイプ 28錠タイプ 製薬会社 値段(内税)
トリキュラー トリキュラー バイエル 2,500円
アンジュ あすか製薬 2,000円
ラベルフィーユ 富士製薬
シンフェーズ シンフェーズT 科研製薬 2,500円
マーベロン マーベロン MSD 2,500円
ファボワール 富士製薬 2,000円

広がる選択肢♪自分に最もふさわしいお薬を

28錠タイプで始めて、21錠タイプへ

ピルが初めての女性には、28錠タイプをお勧めしますが、ピルに慣れてきたら21錠タイプに切り替えると良いでしょう(^^)。28錠タイプのほうがのみ忘れは少ないと思いますが、錠数が多くシートが大きくなるため携帯にはやや不便です。 低用量ピルを始めると、最初の2~3周期は不正出血する可能性がありますが、継続して使用すると次第に不正出血はなくなってきます。

生理が28日周期になったら、生理日変更も可能♪

ピルを飲むと、生理の周期=28日で、規則的に来るようになります。旅行や試験など大事なスケジュールが生理と重なるときは、生理日変更を実施することができます。生理日変更は1相性が簡単ですが、3相性でも可能です。具体的な方法は、生理日変更のページをご覧ください。

必要になれば始め、必要なくなれば止めることができます(^^)

女性のライフスタイルは、人により様々です。ピルは、女性が自らの意志で、自由にON/OFFができるお薬です。

低用量ピルのお試しセット

ピルを選ぶ女性とピルに選ばれる女性

どの薬が自分にあっているかは、やはり実際に使ってみないとわかりません。女性がピルを選ぶのと同じく、ピルも女性を選ぶからです。
初めて低用量ピルを使う場合は、4つのグループから、どれか2シートを選んでいただき、2種類のピルを試してみることをお勧めします。どれを選んでよいかわからない女性には、院長がメールで選び方をアドバイスします(^^)。

  低用量ピル 別のピル 院長のコメント シート数と料金(内税)
ブランドセット トリキュラー28 マーベロン28 日本で一番使われているトリキュラー28と1相性の代表的な低用量ピルの組合せです 1+1=5,000円
飲み較べセット ラベルフィーユ28 マーベロン28 同じ成分のお薬を飲み較べてご自分との相性をみてください 1+1=4,500円
お値打ちセット アンジュ21 ファボワール21 お値打ちな料金で偽薬のないコンパクトタイプです 1+1=4,000円

女性の健康診断

開業医で気軽に受けられる女性のための健康診断を目標に料金を低く設定しました。全部受けても4,800円(内税)です(^^)。これ以外の料金は、一切かかりません。ご自分で受けたい検査だけを選ぶこともできます。また、血液検査の結果や子宮がん検診の結果は、1週間後に電子メールでお知らせすることもできます(無料)。

ピルとは関係なく、婦人科特有の病気(子宮筋腫や子宮内膜症、乳腺疾患)が心配で、専門的にチェックしてもらいたい女性にお勧めです。

子宮がん検診 子宮膣部細胞診 1,000円(内税)
乳がん検診 触診と超音波検査 1,000円(内税)
経膣超音波検査 子宮と両側卵巣 1,500円(内税)
血液検査 貧血・肝機能・血糖値など10項目とHbA1c 1,300円(内税)
血圧測定と尿検査 血圧と簡易尿検査 無料
合計 4,800円(内税)

最初はオンライン相談から

自分が低用量ピルに向いているかどうか、またどの低用量ピルが適しているかどうか、院長が無料・ボランティアで相談させていただきます。

  1. 年齢(生年月日)、身長、体重
  2. あなたの健康状態は良好ですか?過去に大きな病気をしたり、現在何か薬をのんだりしていますか?
  3. 今までにピルを使用したことはありますか?

をご記入いただき、お気軽に、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。

オンライン相談で問題ないと判断された女性には、宮川クリニックを直接受診されることをお勧めします。低用量ピルの試用に問題なく、健康状態も良好な患者さんには、電子メールのやり取りで、低用量ピルのオンライン処方(郵送)が可能です(^^)。遠方で、宮川クリニックへの再診が困難な患者さんや、再診するのに抵抗感のある患者さんは、遠慮なくお知らせください。
郵送先は、ご自宅以外にも指定できますし、何かトラブルがあった場合は、電子メールで質問することも可能です。 低用量ピルに関する電子メールでのご質問には、無料でお答えします。遠方の患者さんや、受診するのをためらっている患者さんも、ぜひ一度宮川クリニックを直接受診してみてください。