緊急避妊法(EC)

緊急避妊とは?

緊急避妊とは、コンドームや膣外射精妊に失敗した場合、性的暴行を受け妊娠する恐れのある場合、ピルの飲み忘れ・飲み間違いで避妊効果が失われている場合などに、お薬を使って妊娠を予防することです。今までは中用量や低用量ピルを転用して緊急避妊が行われていましたが、副作用が強く効果も必ずしも十分ではありませんでした。すでに諸外国では緊急避妊薬がふつうに使われていますが、2011年5月、緊急避妊に限って特別に使用するお薬が日本でも発売になりました(^^)。ただし、緊急避妊の成功率は80%前後です。低用量ピルの成功率99.9%には、はるかに及びませんので、この点はよろしくご理解ください。

ノルレボ(日本初の緊急避妊薬、あすか製薬)とアイピル(海外輸入品、インド製)

画像 値段
(内税)
説明

ノルレボ(日本初の緊急避妊薬、あすか製薬)

ノルレボ
(あすか製薬)

1回1錠内服
15,000円
特殊な黄体ホルモンを使用することで、排卵を遅らせ妊娠を防止すると期待されています。すでに排卵してしまったケースや、緊急避妊後にセックスを繰り返したケースでは、遅れて排卵するために、薬を使っても妊娠してしまう可能性が指摘されています。

アイピル(海外輸入品、インド製)

アイピル
(インド製)

1回1錠内服
12,000円
海外から輸入した緊急避妊薬でアイピル(i-pill)と言います。成分は、ノルレボと全く同じ(レボノルゲストレル1.5mg)です。使用方法も同じです。インドのムンバイに本社があるピラマル・ヘルスケア(Piramal Helthcare)という会社が造りました。

ノルレボとアイピル(緊急避妊薬)の使用方法

排卵時期にセックスした場合、セックス後72時間以内にノルレボまたはアイピルを1錠一度に内服します。副作用として、吐き気・嘔吐がおこる場合がありますが、数時間以内に治まりますから心配は無用です。この後1週間前後で生理が来れば成功です。

今後のことを考え、確実に避妊したい場合は、低用量ピルをお勧めします。低用量ピルのページを参考にしてください。

いつまで待っても生理が来ない場合には、セックス後3週間くらいをめどに、妊娠テストで自己チェックを行ってください。
妊娠してしまった場合は、選択肢は二つしかありません。

妊娠継続・分娩を希望される場合、ノルレボやアイピル(緊急避妊薬)は胎児に奇形をおこしたり、妊娠経過に悪影響を及ぼすことはないとされています。どうぞご安心ください。

いろいろな事情から、やむなく中絶手術を希望される場合は、人工妊娠中絶手術のページを参考にしてください。

緊急避妊薬の問題点

緊急避妊薬を繰り返し使うと、何度も生理を早めにおこす結果となり貧血におちいりやすくなります。身体への負担を考えると、安易に繰り返し使うことは避けるべきです。成功率80%は、逆に言うと20%は失敗するということです。何もしないよりはましですが、絶対に妊娠しない!と保証している訳ではありませんので、この点をよく理解したうえで、使用するかどうか決めることが重要です。緊急避妊薬はセックス後72時間以内に使用しなければならず、仕事や学校などの関係ですぐに産婦人科を受診できない場合や、夜間・祝日など医療機関がお休みの場合は、せっかくの緊急避妊薬を手に入れることができません。また、医療機関も救急患者の対応で忙しいと、緊急避妊を希望される女性に、適切な対応が難しい場合があります。

緊急避妊薬の予防処方

そこで、当院では、緊急避妊薬の予防処方(オンライン処方)を行うことにしました。あらかじめ緊急避妊薬の予防処方を受けていれば、いざという時にあわてる必要はありません(^^)。電子メールでセックスの状況をお知らせいただければ、本当に緊急避妊が必要かどうか院長がメールでアドバイスします。ただし、セックス後に緊急避妊薬を処方するのは、対面処方のみです。セックス後に緊急避妊を希望される場合、オンライン処方では郵送に時間がかかって間に合いません!(^^;)また、電子カルテで薬の使用状況を管理しますから、同一女性が繰り返し使用される場合には、オンライン処方をお断りすることがあります。

アプリで申し込む

2014年6月から、オンライン処方専用のアプリを作りました。アプリから申し込むと、フリーメールよりも速く・正確にオンライン処方を受けることができます♪

オンライン処方

  • アプリがうまく操作できない!
  • 診察券番号を忘れてしまった!
  • PW(パスワード)を思い出せない!

そんな場合はメールから申し込むこともできます(^^)
アプリよりも返事が来るのに少し時間がかかりますので、少々お待ちください。

メールで申し込む

以下の1~11をコピーペーストしてお申し込み下さい。

  1. 年齢(生年月日)、身長(cm)、体重(kg)
  2. あなたの健康状態は良好ですか?過去に大きな病気をしたり、現在何か薬をのんだりしていますか?
  3. 今までにノルレボ(緊急避妊薬)やピルを使用したことはありますか?
  4. オンライン処方は初めてですか?オンライン処方を希望する理由は?
  5. 郵便番号
  6. 住所(集合住宅の場合は、マンション・アパート名を記入してください)
  7. 名前(漢字表記、フルネームでフリガナお願いします)
  8. 電話番号(携帯でもOK)
  9. ご希望の低用量ピルの名前と必要シート数

以上の項目をご記入いただき、お気軽に、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。

折り返し、宮川クリニックの銀行口座番号をお知らせします。
入金が確認でき次第、お薬を郵送します。
料金のお支払いには、インターネットバンキングをお勧めしています。その他ATMから振込んだり、代金引換ですぐに郵送することも可能です。
代金引換(着払い)の場合は、500円増し(内税)になります。お薬は無地の茶封筒に、院長の個人名で郵送しますので、病院からのものとわからないようになっています。
お薬は無地の茶封筒に院長の個人名で郵送しますので、病院からのものとわからないようになっています。
料金は、ノルレボ2錠で、15,000円(内税)郵送料は宮川クリニックで負担します。